072-804-2821

アンチエイジングドック

アンチエイジングドックとは

アンチエイジングドックでは、現在のカラダの内面の老化度として血管、筋肉、ホルモン、内蔵脂肪、体力、栄養などを調べ、また同時に外面からの老化度として皮膚(シミ、シワ)、眼瞼下垂などを専門的に調べ適切な対応を提案します。

主な検査について

形成外科

皮膚老化(シミ・シワ)の測定

ロボスキンアナライザーで顔の毛穴・しわ・色素沈着・赤味・色味を客観的に年齢評価します。
ダーマスコピーで皮膚病変や皮膚の加齢を診断します。
それらの結果から、生活上の助言を行います。

眼瞼下垂の診断

眼瞼下垂は、皮膚弛緩症や腱膜性眼瞼下垂など、様々な病態で生じてきます。これらの中で、加齢性変化が最も多く見られます。眼瞼の計測、挙筋機能検査などをおこない、治療の方向性を説明します。

安静時代謝測定、血液検査

安静状態での代謝状態を正確に測定します。脂肪燃焼の程度も調べ、一日の食事摂取量の目安となります。血液検査により老化危険因子やホルモンを調べます。

精密体組成測定→骨密度・体組成測定、内臓脂肪測定

二重エネルギー法(DEXA)による骨密度、全身の体組成(筋肉、脂肪)バランスを測定します。さらにCTにて内臓脂肪の程度も測定します。

動脈硬化・血管機能、自律神経測定
全身および頸動脈超音波による動脈硬化度、血管内皮機能測定により血管年齢を評価します。さらに起立時の自律神経機能のバランスも調べます。
栄養評価・指導

問診より栄養バランスを評価し、アンチエイジングに必要な食事内容、サプリメント等について提案します。

心理評価・カウンセリング

心理・性格特性、ストレスチェック等により、アンチエイジングにふさわしい考え方、positive thinking, 生活パターンを心の面から提案します。

運動代謝測定、歪み、ウォーキングチェック

持久系運動能力、筋力、歩き方、身体の歪み等を測定し、今後のアンチエイジングに必要な運動処方、コンディショニングメニューを提案します。

お申込みは、ホームページからのみの受付となります。

インターネットからのお申し込みの場合は
お申込みフォームにて必要情報を記入の上、お申込みください。

お申込みフォーム

当センターのご案内

受診を希望する
患者さまへ

医療機関・関連施設の
皆さまへ

健康経営を目指す
企業さまへ

関連リンク

  • 交通アクセス

    交通アクセス

  • 受診申し込み

    受診申し込み

facebook